バークリバーナイフ

バークリバーの定番シリーズ Part 2

世界のナイフ通販ショップ eナイフ.jp

こんにちは。

バークリバー(BARKRIVER)の定番シリーズをご紹介しました。
本日はそのつづきです。

Contents

ブラボー

前回、ベストセラーのブラボー1の説明をさせて頂きました。
ブラボーシリーズは、そのブラボー1から始まり、より大型のブラボー2、さらに刃渡りが長く大型にしたブラボー3と、幅広く展開しています。

また、ブラボー1.25、ブラボー1.5、と呼ばれるラインナップもあります。
刃渡りが、ブラボー1.25はブラボー1より少し長く、ブラボー1.5はブラボー1.25よりさらに少し長く、ブラボー2よりは短い、ブラボー1とブラボー2の中間の長さにあたります。
絶妙な重量バランスはそのままに、刃渡りの長さを若干調整しているタイプです。

使いやすさで言えば、ブラボー1がやはりオススメですが、
バトニングなど刃渡りがもう少しあれば・・・ なんて時もありますよね。
そんなときにブラボー1.25、ブラボー1.5、が便利です。
ただし、刃先(ポイント)が遠くなりますので、使い心地が若干違ってきます。

ブラボーシリーズ、弊社でも豊富に取り扱いがございます。
ブラボー1はコチラ、2はコチラ、3はコチラです。

  • ブラボー1
  • ブラボー2
  • ブラボー3

また、ブラボー1.25、ブラボー1.5、もぜひチェックしてみてくださいね。

  • ブラボー1.25
  • ブラボー1.5

フォックスリバー

フォックスリバーはハンティング(狩猟)にぴったりの、プロ仕様のナイフシリーズ。
ハンティング中のさまざまな用途で利用可能な、究極の多目的ナイフです。
ドロップポイントのため、中型・大型の獲物の解体時などに最適です。
ドロップポイントは、『アウトドアナイフのデザイン(刃の形状)について』でご紹介しています。

ガニー

ガニーは、ブラボー1より小型のタイプのナイフです。
刃渡りが短くなるだけでなく、刃の厚さ、刃幅も短くなっています。
非常に軽量でコンパクトのため、持ち運びに便利。
小さいですがタフさはそのままに非常に頑丈な作りになっています。
細くなりますので若干握りは不安定になるかもしれません。

いかがでしたでしょうか?
バークリバーの定番シリーズ、用途に合わせて豊富なモデルが用意されていますので、
自分に合ったベストな1本をぜひ見つけてみてくださいね!

バークリバーの定番シリーズ Part 1次のページ

関連記事

  1. バークリバーナイフ

    バークリバーの定番シリーズ Part 1

    こちらではバークリバーナイフの定番シリーズをご紹介したいと思います…

  2. バークリバーナイフ

    バークリバーの生産スケジュールについて

    こんにちは。こちらの記事ではバークリバーナイフの生産ス…

  3. バークリバーナイフ

    バークリーバーナイフの【ランプレス】とは

    こんにちは。バークリバーナイフのベストセラー、ブラボー1。 …

  4. バークリバーナイフ

    バークリバーナイフのシースについて

    本記事ではバークリバーナイフのシース(ナイフケース)について解説したい…

  5. バークリバーナイフ

    バークリバーナイフのプレオーダーにおけるメリットとデメリットとは

    本記事ではバークリバーナイフのプレオーダー(予約注文)をする場合のメリ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. バークリバーナイフ

    バークリバーナイフの鋼材の選び方!あなたに最適な鋼材とは!
  2. バークリバーナイフ

    バークリバーナイフのプレオーダーにおけるメリットとデメリットとは
  3. マチェット

    マチェットと鉈って何が違うの??ちがいを徹底分析!!
  4. ナイフ全般

    アウトドアナイフの鋼材について
  5. バークリバーナイフ

    バークリバーナイフのシースについて
PAGE TOP