ナイフ全般

北欧生まれのナイフ形状スカンジグラインドとは

北欧生まれのナイフ形状である、スカンジグラインドについてご存知でしょうか?
スカンジグラインドはキレのあるシンプルな形状で、ブッシュクラフターを中心に大変人気のあるナイフ形状です。
今回はそんなスカンジグラインドに関して詳しく紹介していきます。

Contents

スカンジグラインドの形状

スカンジグラインドの断面形状は、ナイフの中央あたりからストレートに刃付けされています。

名前については、スカンジナビア地方で発展してきた形状のため、スカンジグラインドと言われています。

スカンジグラインドの特徴

スカンジグラインドの特徴についてみていきましょう。

研ぎやすい

スカンジグラインドは刃がまっすぐのため、砥石へ当てる角度がわかりやすく、初心者でも比較的研ぎやすいです。

砥石の使い方を覚える際に最適な形状です。

薪割りに適している

スカンジグラインドのナイフは、薪割りに適しています。

薪割りの際に、刃先を当てつつも木材を押し広げることができるため、非常に作業がしやすいです。

フェザースティックを作りやすい

スカンジグランドは、薪割りだけでなく、フェザースティックも作りやすいです。

刃先がストレートなので、適度に刃が食い込み、フェザー部分がちぎれてしまうこともほとんどありません。

スカンジグラインドはブッシュクラフトに適したナイフとなっています。

スカンジグラインドのマイクロベベル

スカンジグラインドのナイフによっては、マイクロベベルと呼ばれる先端1mm程度の刃付けがされているものもあります。

マイクロベベルは刃こぼれ防止のためにつけられますが、切れ味を重視する場合は研ぎ直して、マイクロベベルをなくしてしまうことも。

マイクロベベルが必要かどうかは、使い手が切れ味を重視するのか、長くそこそこの切れ味を保ちたいのかで変わってきます。

ブッシュクラフト重視ならスカンジグラインドがおすすめ

スカンジグラインドについて解説してきましたが、スカンジグラインドはブッシュクラフトをされる方におすすめです。

もっと耐久性を求めるような使い方をされる方には、コンベックスグラインドのほうがおすすめ。

用途に合わせて最適なナイフと探してみてくださいね!

マチェットと鉈って何が違うの??ちがいを徹底分析!!前のページ

バークリバーの生産スケジュールについて次のページ

関連記事

  1. ナイフ全般

    「マイクロベベル」とは?

    今日は最近よくご質問をいただく「マイクロベベル」について書いて…

  2. ナイフ全般

    アウトドアナイフの鋼材について

    アウトドアナイフのブレード鋼材の種類別おすすめ用途「アウトドア…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. バークリバーナイフ

    バークリバーナイフのシースについて
  2. バークリバーナイフ

    バークリーバーナイフの【ランプレス】とは
  3. マチェット

    マチェットと鉈って何が違うの??ちがいを徹底分析!!
  4. バークリバーナイフ

    バークリバーナイフの鋼材の選び方!あなたに最適な鋼材とは!
  5. ナイフ全般

    アウトドアナイフの鋼材について
PAGE TOP